NEWS (LOG)

NEWS (LOG)

カテゴリ イベント 日付 2009/12/28 閲覧数 10509
タイトル [イベント] 「IeSF国際大会」参加レポート

応援ムービー
「E-Sport2009 IeSF国際リーグ」参加レポート(12/28掲載)



「Alliance of Valiant Arms」運営チームです。



2009年12月10日(木)~2009年12月14日(月)の日程で、韓国太白(テベク)の
O2リゾートにて開催されました「E-Sport2009 IeSF国際リーグ」の
参加レポートを掲載いたします。


今回の大会には「Alliance of Valiant Arms」プロデューサー井上が同行し、
選手のみなさんには2009年12月9日(水)から2009年12月15日(火)までの
長丁場にお付き合いいただきました。


以下、時系列にてレポートいたします。


■「Hybrid」集合


- 12月9日(水)


20時過ぎ、成田空港エアポートレストハウスでHybridの選手達と合流しました。
既にメンバーの4名は集合済みで、旅の疲れもなく全員リラックスした様子でした。


sysrq選手は遅れて合流するとの連絡が入りました。


とりあえず腹ごしらえを、ということになり空港内をうろうろしました。


しかしすでにレストランは21時で閉まっていたため成田市内へ移動。
ようやく人心地着いたびっくりドンキーで遅い夕食をとりました。





■「Hybrid」韓国に立つ


- 12月10日(木)


朝7時にホテルロビーに集合の約束でした。
しかし、若さゆえなのかなかなか起きてきません。


集合時間を過ぎてようやく、ホテルを出発。
成田空港内を第二ターミナル、第一ターミナルと移動してKE701に搭乗。


約2時間のフライトの後に仁川(インチョン)空港に到着。


荷物受取の場所が分からずまた空港内をうろうろ。
結局、受取場のベルトコンベアはすでに停止しており、
傍らにカバンが6つぽつんと残されていました。


到着ロビーへ向かうと、そこにはIeSFチャレンジ2009のプラカードを持った
協会スタッフが迎えに来ていました。




三々五々、欧米や南アフリカの選手と合流してバスに搭乗し、
太白(テベク)にあるO2リゾートへ向かいました。


何度か出張で来ていますので、ソウル市内の移動は慣れっこですが、
今回向かうテベクの会場は標高1,100メートルの高原にあるスキー&ゴルフ
リゾートで、バスに揺られること5時間。着く頃には選手はみな疲れて
しまった様子でした。




■練習試合


到着早々、日本代表チームは韓国代表チームと練習試合を行いました。
我々はただただ韓国代表チームの技術、兵種の切り替え方、兵種の配分と
いった戦術面にただただ驚かされるばかりでした。
こうした日韓の実力差、護衛を専門にプレイするクランとの差をまざまざと
見せつけられHybridは惨敗しました。


その後、Hybridの選手たちは誰に言われるわけでもなく急遽ミーティングを
行いました。対戦での反省を踏まえ、次の試合に活かす方法を夜遅くまで
話し込みました。





■予選


- 12月11日(金)


予選の日程はスケジュール通りに進むことなく、時間を大幅に遅らせての
開始となりました。


予選は日米戦、韓米戦、日韓戦の順で行なわれるリーグ戦で順位を決定し、
翌日は休息日になっていました。
そして翌々日に2位3位戦と決勝戦が行われるスケジュールになっていました。


日米戦後、O2リゾートのレストランが閉店してしまうため3チームの選手が
全員で食堂へ向かい、食事の後に残りの2試合を行うという変則的な
スケジュールで予選が行われる事になりました。


予選の結果は、
日本代表チーム   : 1勝1敗
アメリカ代表チーム : 2敗
韓国代表チーム   : 2勝


という形となりました。


日本代表チームは2位となり、この後行なわれる2位3位決定戦で勝利した
チームが1位の韓国チームと決勝戦を行う形となりました。


ここでも韓国代表チームは圧倒的な力を見せつけ、翌日はスキーを楽しむ
という余裕すらうかがえました。




■2位3位決定戦


- 12月12(土)


20時から予選を開始するとのことで選手は昼から練習を兼ねた最終調整を
行いました。開発元であるRed Duckの品質保証部門のリーダーにコーチを
お願いし、韓国の護衛専門クランでの常識やノウハウを共有してもらいました。


Hybridのメンバーも個々の技術では世界レベルに引けをとりません。
それどころか、韓国代表チームからは個人技、特にエイムの正確さは
自分たち以上であるとの評価をもらっています。


いずれにせよ、ここで世界最先端の護衛ミッションのセオリーや攻略法を
仕入れられた事は次につなげる意味でも有意義なことだったと思います。


日米戦の模様は動画を観ていだたければ分かると思いますが、
プレイタイムが0:00になった瞬間はどちらが勝ったのか分からない
くらいの白熱した試合展開でした。


アメリカ代表チームが終盤に見せた全員P90ポイントマンによる突撃の様は、
最後まで勝負をあきらめないという「Call Of Duty4」の世界チャンピオン
の矜持、そして国家を代表する選抜チームの執念を見た気がしました。



日米戦動画①



日米戦動画②



日米戦動画③



日米戦動画④



その後、開発元であるRed Duck社のメンバー、ライセンサーであるNeowiz社の
メンバー、アメリカ代表チームのメンバーで本番韓国の焼き肉を囲みました。


とにかくアメリカ代表チームのテンションの高さは我々とは別の次元にあり、
遊びでも真剣に楽しむという精神は本当に素敵だと思いました。




■決勝戦


・12/13(日)
いよいよ生放送中継される決勝戦が始まります。


午前中にアメリカ代表チームが練習に付き合ってくれるという申し出が
あったのですが、残念ながらパソコンの不調で実現しませんでした。


結局、当日の調整が不完全のまま試合に臨まざるを得ない状況になって
しまいました。


スケジュール通り、11:45よりスタンバイ、12:00から中継が始まり、
心の準備をする間もなく生中継がスタートしました。


みなさんが日本でご覧になっていたのはこのパートからです。


試合の内容は動画を見てのとおりです。
善戦はしたものの、研究量の差を見せつけられてしまいました。


大会の後に日本の選手から韓国サービスの強豪クランとクラン戦を行い
たいという要望が出ました。




開発元であるRed Duck社の品質保証部門のリーダーの協力を得ながら、
オンライン上で幾つかの有名クランのメンバーを集めて即席チームを
編成してもらい、「DUAL SIGHT」、「HAMMER BLOW」、「FOX HUNTING」の
エキシビジョンマッチを行いました。


結果は、「DUAL SIGHT」では勝利できたものの、残り2つのマップでは
負けてしまいました。
いわゆる「野良」の即席チームでも韓国プレイヤ―の瞬時の判断力と
カバーリングのうまさは流石の一言でした。


詳しくはUltrays選手のブログに掲載されています。
「Alliance of Valiant Arms」プレイヤーブログランキングがございますので、
こちらよりご覧ください。


「AVA_rank」





■大会が終わって


大会会場がソウルから遠く離れていたことで、試合の模様を観るため
O2リゾートまでいらした方は本当に少なかったと思います。


これはアウェーの雰囲気が無く、むしろアットホームな雰囲気で大会に臨めた
点では非常に良かったと思います。
しかし、大会の盛り上がりが選手や視聴者の皆さんに伝わりにくかったという
点では少し不満が残りました。


また、6泊7日という長期日程で体調を崩した選手やスタッフも現れるなど、
体調管理の面も含めてヘビーな日程でした。


そんな中で、最初は圧倒的な実力差のあった韓国チームに、後1日あれば
勝てたかもしれないと思わせるほど彼ら「Hybrid」のメンバーは短期間で
成長を遂げていました。


妥協を許さない勝利への執着と、対戦を楽しむことへのあくなき欲望は我々が
誇るべき精神だと思います。




2009年度は大きなオフラインでの国際大会を2回開催しました。
いずれもも国ごとのサービス期間の差は大きく、悔しい結果となって
しまいました。


2010年度は“リベンジ”の年です。
頻繁にオンラインベースの大会を開催し、日本のプレイヤーのレベル
アップを図れるように努めて参ります。


また、ネットカフェでのオフライン大会イベントもコミュニティ形成や
プレイヤ―スキルのレベルアップのために必要であると考えておりますので、
賞品をボリュームアップし、参加しやすい環境の構築を目指していきます。


関東近郊であれば運営チームのメンバーも参加してお客様と密にコミュニ
ケーションを行えればと考えております。
余裕があれば大阪にも出向きたいと考えていますのでその際には暖かく
迎えていただければと思います。


以上が大会後記となります。
ここまでの長文を最後まで読んで頂きまして誠に有難う御座いました。



===========================================================================
■韓国で学んだ護衛ミッションにおける必須テクニックを一部ご紹介


これを知らずして護衛クランを語るなかれ!
韓国の護衛ミッショントッププレイヤーが語ったいくつかヒントを記載しますので、
練習マップで研究してみてはいかがでしょうか



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
≪テクニックその1≫◇リスポーンルール


1.自分がリスポーンする時間を覚えておくこと
2.相手も同じ時間にリスポーンすることを踏まえて行動すること
3.タイムの下桁を基準にリスポーンが繰り返されることを把握せよ


※自分がタイムの下桁が1秒の時にリスポーンした場合、相手も1秒の時に
 リスポーンしています。


リスポーンのタイミングを把握することで何秒の時に相手がどこにいるかの把握が
しやすくなり戦略が立てやすくなります。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
≪テクニックその2≫完璧なUAV


相手をリスポーンに追い込んだときに絶大な威力を発揮。


※第一チェックポイントを通過させないための戦略として、相手をリスポーンから
 出さないという戦術を使いますが、リスポーンルールを把握した上でリスポーン
 した瞬間に撮影するテクニックを覚えると、効率よく足止めすることができます。


ライジングダストでは最終地点での追い込みを行う上でも重要。
※ライジングダストの最終コーナーにあるビルから撮影することが重要です。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
≪テクニックその3≫リスポーンコントロール


ライジングダストのEU側最終リスポーンポイントは2箇所あるがNRFのキャラクターの
位置によってリスポーン場所がコントロールされる。


その場合、回避策はあるものの陸橋を通らざるを得ない状況となり、手榴弾の
連携攻撃にさらされることで時間を稼がれてしまう。


その状況を打開するテクニックとして、RPGボックスが置いてある橋から降りるという
テクニックを確実に覚えて使っていきたい。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
≪テクニックその4≫無敵ルールの把握


1.リスポーンから5秒は無敵中となっている
2.リスポーンからダッシュでどの位置までが無敵なのかを把握してプレイすることが必要。
 位置を把握することでどこで隠れたらよいのかもわかり、相手の動きを読むことが可能。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
≪テクニックその5≫修理の鉄則


戦車が止まったときは全員で修理しに行かなければならない
その際、一人ずつリスポーンするような状況であれば全員が揃うまで耐えることを
優先するべきである。


全員揃った状況で戦車修理に取り組むことで戦車修理のスピードと、修理が完了する
確率を上げることを最優先目標とせよ。RPG所持者の妨害はそれからだ。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
≪テクニックその6≫ポイントマンの役割


韓国チームのセオリーとして、ライフルマンは必要としていなかった
理由は手榴弾との連携攻撃のためにスピードが必要だからだ。


迅速に相手陣地に進攻し、敵をかく乱することで時間を稼ぐことが重要。
韓国代表チームの選手は、防御力アップのアクセサリでさらに時間を稼ぐことを
優先させていた。


かく乱しているところにスナイパーが援護することで敵を倒す確率が増してくる。


ポイントマンはとにかく敵とすばやく交戦し、敵陣をかく乱、時間を稼ぐことが
最重要である。


要するにちょっかいを出して人を引き付け、時間を稼ぐのである。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
≪テクニックその7≫ライジングダストにおける手榴弾の使い方


戦況によるが、ほとんどの戦況で活躍していたのがポイントマンによる手榴弾との
連携攻撃であった。
リスポーンルールの把握とリスポーンコントロールによって敵の行動範囲を
コントロールし、確実に手榴弾浴びてしまう状況をつくる戦術と陽動攻撃が
韓国護衛クランの最大の戦略であった。


ただ投げるのではなく生存人数とリスポーン状況を把握し、相手の状況を把握した上で、
使われる手榴弾は相手のコントロールが可能な最大の攻撃手段であった


以上となります。


===========================================================================
「E-Sport2009 IeSF国際リーグ」では2位という結果でしたが、次回は1位を狙います。
今後とも、「Alliance of Valiant Arms」を宜しくお願い致します。

「Alliance of Valiant Arms」運営チーム


width=570

応援ムービー
「E-Sport2009 IeSF国際リーグ」結果発表(12/14掲載)



「Alliance of Valiant Arms」運営チームです。


昨日12月13日(日)に「E-Sport2009 IeSF国際リーグ」のAlliance of Valiant Armsの全行程が
終了致しましたので、結果発表を致します。


1位…韓国


2位…日本


3位…アメリカ


上記の通り、予選リーグと同様の結果となりました。



皆様におきましては、
「2位3位決定戦はいつ行われたのか?」という疑問が残ると思われますが、
現地からの連絡によりますと、
本来12月13日(日)に「2位3位決定戦」と「決勝戦」を行う予定でしたが、
急遽12月12日(土)に「2位3位決定戦」を実施する事になったそうです。



なお、2位3位決定戦の試合の様子は以下の内容との事です。


≪日本vsアメリカ≫
MAP:RISING DUST(NIGHT)
EU:日本 NRF:アメリカでスタート


Hybridは残り時間2分程を残してゴール!


攻守交代してからは、後半に入る第2チェックポイントまでは
易々と勝てそうな雰囲気で試合が進行したが、
第2チェックポイントを過ぎると
アメリカクランは全員ポイントマンで戦車を修理しに来る戦略に変更したことにより、
戦車の進みが良くなり、残り5秒程で最後のコーナーで修理をされた。


Hybridは戦車を破壊しようと試みるが、
1階からRPGを撃った瞬間に、別のRPGを取りに来た選手に当たってしまい
戦車へのダメージが爆風のみとなってしまった。


2回目のRPGによる攻撃を行うものも、1回目のダメージが微量であったため、
僅かに戦車のHPが残ってしまい、進行を止める事が出来ず、
タイムアウト0秒の時にはゴールぎりぎりでどちらが勝利したのか
両クランの選手達も分からなかったが、
僅かの差でHybridの勝利!


見ていてとても楽しめる緊迫した試合内容だったようです。


なお、アメリカクランは「Call of Duty 4」のアメリカチャンピオンクランの
クランメンバーで構成されていたそうで、
個人の技術は申し分無く、とても強いクランであったそうです。



-------------------
12月13日(日)に実施されました日本vs韓国の決勝戦の内容につきましては
現地に同行しておりますプロデューサーより総評を
まだいただいておりませんが、
生放送をご覧になったお客様はご存じの通り、


日本2位という結果となりました。


記事を書いている私の感想といたしましては
1番の大きな差は「RPG」の差であったように感じました。


韓国クランのRPG役のプレイヤーを見ていて印象的だったのは
3発中2発で戦車を破壊し。
戦車が修理されるまでは足元にいくつかのRPGを確保。
戦車が修理されたらRPGBOXを解放。
戦車が修理されたら残っている1発を撃ちダメージを与える。
解放された状態のRPGBOXから新しいRPGを持つ。
即座にRPGを撃って戦車を破壊。


という流れが素早い戦車破壊の要因の1つであったと感じました。


決勝戦につきましては、こちらで文章を記載するよりも
動画でご覧いただいた方が良いかと思います。


運営チームではまだIeSFより動画をいただいておりませんので、
すぐに公開する事は出来ませんが、
youtubeなどにアップロードしてくださった方もいらっしゃいますので、
お客様の責任の元、閲覧していただき、
決勝戦の様子を感じていただければ幸いです。



善戦をし、見事2位を勝ち取ったHybridは本日帰国し、
明日からは「Alliance of Valiant Arms」をプレイされると思いますが、
皆様がHybridメンバーにゲーム内でお会いした際には
「お疲れ様でした」と声をかけていただけると
Hybridのメンバーも喜ばれると思います。


是非今後は打倒韓国を目指し、
プレイヤーの皆様と一緒に「Alliance of Valiant Arms」を盛り上げて
いけるよう運営してまいりたいと思いますので、
ご協力の程宜しくお願い致します。


width=570

応援ムービー
予選結果発表(12/11掲載)



「Alliance of Valiant Arms」運営チームです。


本日12月11日(金)に「E-Sport2009 IeSF国際リーグ」のAlliance of Valiant Arms予選リーグが
終了致しましたので、結果発表を致します。


1位…韓国(2勝)


2位…日本(1勝1敗)


3位…アメリカ(2敗)


上記の結果となりました。


現地におりますプロデューサーの総評といたしましては、
「Hybridもアメリカのクランもボコボコにやられています」
との事でした。


なお、1回戦目~3回戦目の試合の様子は以下の内容との事です。


≪1回戦目:日本vsアメリカ≫
EU:アメリカ NRF:日本でのスタート


第1チェックポイントをやすやすと通過されてしまったため、
ひやりとした場面があったが、
第1チェックポイント通過後は善戦し時間を稼ぐ事に成功。
残り2分弱を残してアメリカクランがゴールした。
攻守交代後、大きな障害もなく、残り時間2分程残して日本の勝利。


≪2回戦目:韓国vsアメリカ≫
EU:韓国 NRF:アメリカでのスタート


アメリカの持ち時間が3分しかなかった程、
あっという間に韓国クランがゴール。
攻守交代後、第1コーナーを曲がった直前で前に進めることが出来ず、
韓国クランの勝利。


≪3回戦目:日本vs韓国≫
EU:日本 NRF:韓国でのスタート


第1チェックポイント直前で戦車を破壊されて時間を稼がれ、
ゴール手前まで進んだが時間切れで攻守交代。
時間稼ぎの見せ場もなく、戦車がどんどん進軍してゴールに持ち込まれた。
韓国クランの勝利。



【3試合の総評】
韓国クランの圧倒的な力を見せ付けられた予選であった。
韓国の護衛クランここにあり!という感じでAstricよりも護衛では強いクランです。


5対5の戦術を研究し尽くしている戦い方をしており、
ポイントマンがP90でかき回し、必要であれば3人のSRで攻めに来るなど、
戦局に合わせた戦術も多様であった。
その技術と陽動に、日本・アメリカも振り回されていると感じた。


-------------
本日で予選リーグは終了いたしましたが、
次回は12月13日(日)
『2位、3位決定戦』・『決勝戦』
ございますので、皆様お見逃しなく!



width=570

応援ムービー
大会生放送とスケジュールのご案内(12/10掲載)



12/11 16:00修正
予選リーグ開始の時間が2時間伸びて18:00になったとの連絡をいただきましたので、
スケジュールを修正しました。


「Alliance of Valiant Arms」運営チームです。


このたびIeSFの公式サイトにて、ストリーミング配信を通じて大会の模様を
ご覧いただけるとの事ですので皆様にご案内いたします。


また、大会期間のスケジュールも併せて掲載いたしますので、
生放送をご覧いただく際にご参考下さい。


大会の模様を観る場合には下記のリンクをクリックしてください。
(海外のページに遷移します。)


◆「E-Sport2009 IeSF国際リーグ公式サイト」内ストリーミングページ


大会の模様を観戦する!



放送スケジュールはこちらでご確認いただく事ができますが、
突発的に予定の変更が生じた場合など、この限りではございません。



【視聴方法】
ストリーミングページにあるサムネイルをクリックする事でストリーミング
映像を鑑賞する事ができます。


※放送時間外は視聴する事ができません。


【ご注意】
IeSFの公式サイトのコンテンツは弊社が運営するサービスには含まれません。
そのため、動画視聴に関する技術的なトラブルや大会運営に関する内容につきましては、
運営チームではお答えいたしかねますと共に、必ずしも日本代表選手の試合の模様が
映像で取り上げられるかにつきましてもお約束はできません。


また、IeSFの公式サイトは日本語をサポートしておりませんので、放送内容は外国語と
なります。予めご了承下さい。


◆大会スケジュール


※上記のスケジュールはあくまで予定となります。
 大会進行や予期せぬ都合などにより変更・中止となる場合がございます。


◆大会ルール、レギュレーションはこちら


width=570

応援ムービー
日本代表クラン「Hybrid」応援ムービーのご紹介(12/9掲載)


「Alliance of Valiant Arms」運営チームです。


2009年12月10日(木)~12月14日(月)の日程で韓国テベクにて開催される
「E-Sport2009 IeSF国際リーグ」に日本代表としてクラン「Hybrid」の5名の
メンバーが出場する事になっております。


このたび、「Hybrid」を応援するため、有志のお客様が「Hybrid」の
フラグムービーを制作されましたのでご紹介いたします。


◆動画を制作されたお客様のブログ:AVA Frag Movie Project様


上記のお客様のサイトでは「Alliance of Valiant Arms」のプレイ動画を
募集しております。


当チームとしましても、高いクオリティの動画などを通じてお客様同士の
コミュニティが活性化する事はオンラインゲームの楽しさの本質に触れる
ところだと考えております。


もし動画やプレイムービーの制作に興味がある方は上記のサイトを訪れ、
「Alliance of Valiant Arms」の活性化にご協力いただけますと幸いです。
どしどしご応募下さい!


※応募方法、投稿する動画の規格などにつきましては、
 AVA Frag Movie Project様のサイトにてご確認ください。



◆制作頂いた応援動画:

※2009年12月16日(水)にリンクを廃止しました。


 ※誠に勝手ながら、上記の動画への直接リンクは
  2009年12月16日(水)メンテナンスまでとさせていただきます。



並びに有志のお客様より、
日本代表クラン「Hybrid」 VS 運営クラン「アヴァレンジャイ」との
対戦模様をpeercastにて生放送を行っていただけるとのご連絡を頂いております。


peercastにお詳しいお客様はご自身の責任において検索・閲覧をお試しいただき、
ライブ中継をご覧下さい。
peercastをはじめ、ライブ中継に関する一切につきまして当チームは関知して
おりませんのでお問い合わせをいただきましてもお答えいたしかねます。
予めご了承下さい。


なお、対戦時に動画配信を頂けるお客様を観戦モードでご招待する場合がございます。
配信頂けるお客様がございましたら、対戦前にお声をかけさせていただきますので、
ゲーム内にて、運営クラン「アヴァレンジャイ」メンバーまでご連絡頂けますと幸いです。


width=570

JACKPOT
E-Sport2009 IeSF国際リーグJACK POT


2009年12月9日(水)更新
日本代表「Hybrid」vs運営戦隊「アヴァレンジャイ」結果報告と世界一クランはどこだ!?中間報告



※2009年12月9日(水)10:00現在の投票を基にした集計の報告になります。


▽対戦日時
 2009年12月8日(火)20:30~


▽対戦マップ
 「Rising Dust(night ops)」


▽対戦形式
 後攻「Hybrid」メンバー5名 vs 先攻「アヴァレンジャイ」メンバー6名のハンディキャップ戦


▽対戦結果
 「アヴァレンジャイ」の完敗


■日本代表クラン「Hybrid」vs運営戦隊「アヴァレンジャイ」投票結果

戦車が第一チェックポイント通過できず、「アヴァレンジャイ」が負ける1408
戦車が第一チェックポイント通過まで行き、「アヴァレンジャイ」が負ける1053
戦車が第二チェックポイント通過まで行き、「アヴァレンジャイ」が負ける905
戦車が第三チェックポイント通過(ゴール)まで行き、「アヴァレンジャイ」が負ける524
「アヴァレンジャイ」が「Hybrid」に勝っちゃった208


昨日ゲーム内で対戦結果をアナウンスさせていただきましたが、
結果は「戦車が第一チェックポイント通過できず、「アヴァレンジャイ」が負ける」となりました。


+++++こんな感じの試合展開になりました++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


アヴァレンジャイ側は、とにかく第1チェックポイント越えを目標に、
突破力に定評のある2名をアートセンター側へ急行させ通路の確保を狙い、
他3名を戦車ベタ付きで随伴させ、残り1名をバックアップとする作戦で臨みました。
また、「どうせ当てる前にやられるから」という理由でSRは敢えて置いていません。


「Hybrid」側はスナイパー2本の編成で、最初から全力で試合に臨んでいただきました。


我々も敢闘精神だけは負けない自信があったのですが、
個人技に圧倒的な差があり、「3回倒されてようやく1回倒す」といった、
いわゆるボコボコにやられる展開になりました。
正直あんなに航空偵察が何度もやってくる試合を私は知りません…。


レンジャイメンバー全員が最後まで「やらせはせん!やらせはせんぞ!」、
「まだだ!まだ終わらんよ!」と、うわ言のようにつぶやきながら戦い抜きましたが、
結果的には第1チェックポイントどころかEUリスポーン付近のアイスクリーム
ショップすら越える事はできませんでした。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


見事予想が的中された皆様おめでとうございます!
また、「レンジャイ6人だし、少しはやってくれるだろう^^」という事で
2番以降に投票していただいたお客様にはお詫び申し上げます。
ご期待に応える事ができませんでした…。


従いまして、1,408名様に2,911ユーロずつプレゼントさせていただきます。
4,098名もの多くのお客様にご参加を頂きまして誠にありがとうございました。


なお、次回Jack Potの「世界一クランはどこだ!?」につきましては、
締め切りが本日、12月9日(水)23:59までとなりますので、お急ぎください。



■世界一クランはどこだ!?中間報告

頑張れ「Hybrid」!「日本チーム」944
1年の先行サービスは大きいかもっ 「韓国チーム」3698
FPSの本場は伊達じゃない?「アメリカチーム」484


--------------------------------------------------------------------------
2009年12月7日(月)途中投票報告を掲載致します。
※2009年12月7日(月)13:00現在の途中投票になります。




■日本代表「Hybrid」VS運営戦隊「アヴァレンジャイ」途中結果

戦車が第一チェックポイント通過できず、「アヴァレンジャイ」が負ける1343
戦車が第一チェックポイント通過まで行き、「アヴァレンジャイ」が負ける1019
戦車が第二チェックポイント通過まで行き、「アヴァレンジャイ」が負ける896
戦車が第三チェックポイント通過(ゴール)まで行き、「アヴァレンジャイ」が負ける522
「アヴァレンジャイ」が「Hybrid」に勝っちゃった203


■世界一クランはどこだ!?途中結果

頑張れ「Hybrid」!「日本チーム」818
1年の先行サービスは大きいかもっ 「韓国チーム」3138
FPSの本場は伊達じゃない?「アメリカチーム」440



JACKPOTの途中経過は上記の結果となりました。



日本代表「Hybrid」VS運営戦隊「アヴァレンジャイ」では、
「Hybrid」の圧倒的な優勢勝ちで終了のシナリオが主流ですが、アヴァレンジャイが
「第1チェックポイントを通過する」という予想が2番目に多かったのは意外な結果でした。


おそらく人数差1名のハンデを考慮されたのかも知れませんが、レンジャイに期待して
下さっているお客様の多さに思わず身が引き締まる思いでした。


私たちも1年間「Alliance of Valiant Arms」をプレイしてきた言わば古参兵士の端くれです。
日頃の練習を怠らず、全力を持ってぶつかっていきたいと思います。


(ただし、「レンジャイが勝つ」と予想された203名の皆様申し訳ありません。
 多分個々の実力的には1%の可能性もないと思われます…。でも頑張ります!)


また、優勝国を予想する投票では圧倒的に韓国チームが優勢という結果となりました。
投票では韓国チームに入れた皆さんも声援は日本代表チームにお送り下さい。


優勝国予想の期限は12月9日(水)までとなっております。
まだ投票されていない方はお急ぎ下さい!


--------------------------------------------------------------------------
「Alliance of Valiant Arms」運営チームです。


10月31日より開催された「オンライン護衛トーナメント戦車でGO!」で
見事優勝したクラン「Hybrid」は、2009年12月10日(木)~2009年12月14日(月)の
日程で韓国の太白(テベク)で開催される「2009 国際eスポーツ連盟チャレンジ」に
日本代表として出場する事になりました。


そこで日本代表チームを応援しよう!という気持ちを込めまして、
「2009 国際eスポーツ連盟チャレンジ」での優勝チームを予想するJACK POTと、
運営チームのクランである「アヴァレンジャイ」と「Hybrid」との対戦結果を
予想するJACK POTを実施いたします。

「2009 国際eスポーツ連盟チャレンジ」優勝国予想JACK POT

■応募受付期間:11月28日(土)0:00~12月9日(水)23:59まで
■応募ルール:優勝チーム(優勝国)を予想してご応募ください。



※参加チームは、日本、韓国、アメリカの3カ国です。


■結果発表:12月15日(火)
■アイテム支給日:12月16日(水)メンテナンス時



優勝国を予想する


※JACK POTへの参加にはログインが必要です。
※一度回答を送りますといかなる理由があっても取り消しができませんのでご注意下さい。



















配布対象賞品
投票者全員「M67手榴弾」、「MK3A2手榴弾」
的中者全員「AH07防弾ヘルメット」「EA08防弾服」
「Ghostgear特殊軍装セット」
的中者の中から抽選で5名様100,000ユーロ


「アヴァレンジャイ」VS「Hybrid」対戦結果予想JACK POT


■応募受付期間:11月28日(土)0:00~12月7日(月)
■応募ルール:「アヴァレンジャイ」がどこまで頑張れるか予想してご応募ください。



※対戦日は12月8日(火)の21:00以降を予定


■対戦ルールは、RISING DUST NIGHT OPS
■結果発表:12月15日(火)12月9日(水)
■アイテム支給日:12月16日(水)メンテナンス時



対戦結果を予想する
















配布対象賞品
投票者全員「M18煙幕弾(青)」
賞金合計額を的中者で山分け賞金「投票数×1,000ユーロ÷的中者」


width=570

注意事項


  • 本キャンペーンでは2009年11月28日(土)0:00から
    2009年12月 9日(水)23:59までの期間で「2009 国際eスポーツ連盟チャレンジ」の
    優勝国、および2009年12月 7日(月)23:59までの期間で
    「アヴァレンジャイ」と「Hybrid」の対戦結果の行方を予想するイベントです。


  • 回答はお一人様1回までとなります。


  • 「アヴァレンジャイ」vs「Hybrid」のJACKPOTでは、投票1票につき賞金として
    1,000ユーロずつ積み立てられていきます。
    最終的に積み立て金を予想が的中した人数で山分けするシステムとなります。


  • JACKPOTのアイテム景品はキャラクターのインベントリに直接配布されます。


  • 運営上、予期せぬ理由により
    キャンペーン内容・予定が変更される場合がございます。予めご了承ください。


  • 以上となります。
    たくさんの方のご参加をお待ちしております。

    「Alliance of Valiant Arms」運営チーム



戻る

ボイスチャットシステム[Mumble]を利用する前に下記の免責事項を確認の上、ご利用ください。

免責事項

  • 1.Mumbleの利用は、利用者の自己責任とし、当社は一切関知せず、また一切責任を負いません。
  • 2.Mumbleの利用によって発生したお客様間のトラブル等に関しましては、当社は一切関知せず、また一切責任を負いません。
  • 3.Mumbleを通じてユーザー様から提供される情報の内容については、当社はその正確性を初めとして一切保証はいたしません。
  • 4.Mumbleを通じたユーザー様からの各種情報の提供またはその遅延、変更、中断、中止、その他Mumbleに関連して発生した損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 5.サービス利用規約にて定めた禁止事項を行ってはいけません。
  • 6.サービス利用規約の禁止事項に当てはまる内容を運営チームが確認または不適切と判断した場合、当該利用者に通知せずにルームを解散及び運営方針に基づいて制裁する事が出来るものとします。

これらの注意事項を遵守いただけない場合、使用を差し止めさせていただく場合があります。
上記条件を満たしていても、倫理的に問題のある内容を含むサイトなどでは、使用を差し止めさせていただく場合があります。

素材の利用により、お客様が損害を被ることがあっても、当社は一切の責任を負いません。
素材を利用したお客様と第三者の間で紛争が生じた場合、当事者間で解決頂けますようお願い致します。

ご使用の際は、下記著作権表記を掲載する様、お願い致します。

©RED DUCK Inc. All rights reserved.
©GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

また、この「Alliance of Valiant Arms」公式サイトにリンクする場合はリンク先を[http://ava.pmang.jp/]にしてください。

ボイスチャットシステム「Mumble」を利用するためには、
ご利用のパソコンに「Mumble」クライアントを導入する必要があります。
まだ導入していない方は上記ボタンを押すとダウンロード画面が開きます。

CLOSE